健保からのお知らせ

2022/2/24

2022年度から被扶養者・任意継続者の健診制度が変更になります

被扶養者と任意継続者の健診制度が2022年4月1日より変更になります。本年度までは当健保が契約しております健診機関をご利用いただきましたが、次年度から(株)ベネフイット・ワンへ健診業務を委託いたします。ついては、健診のお申込先は(株)ベネフィット・ワンに変更になりますので対象者の皆様へお知らせいたします。

また、本年度までご利用いただきました「婦人健診(レディースドック)」は利用者の減少により、2022年度から廃止といたします。ニーズが高く検査項目が充実している人間ドック検査に移行して一本化致します。

なお、お申し込みの開始は、(株)ベネフイット・ワンの健診予約システムの準備が整い次第、改めてご連絡させていただきます。当面の間はご迷惑をお掛けしますが、何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

 

【2022年度の健診補助制度変更内容】

①婦人健診を廃止(※2022年3月31日までの受診は利用可能)

②約3,000の全国の健診施設から受診先を選択できるようになります。

③人間ドック検査の自己負担額を一律12,000円(税込)とし、残額を健保組合が補助します。自己負担額の12,000円(税込)は検査当日に窓口で支払うこととします(これまでの給与控除を廃止します)

④節目健診制度は継続とし、検査当日に窓口で3,000円(税込)をお支払いいただきます。

⑤乳がん検査(マンモグラフィまたは乳房超音波)を無料とする。※両方の検査を受けた場合は、一方の検査料金は全額自己負担になります。

⑥子宮がん検査(子宮頸部細胞診)を無料とする。

⑦前立腺がん検査(PSA)50歳以上の男性は無料とする。

※ただし、⑤⑥⑦の検査は人間ドック検査にオプション検査として付帯した時の補助とする。(単独検査の補助は行わない)

⑧2022年度に健診契約を終了する施設

 虎の門病院、甲府城南病院、徳洲会湘南藤沢病院は、施設の諸事情等により健診契約を解除いたします。

◆制度の詳細は、健診予約システム構築後の2022年3月下旬にホームページでご案内させていただく予定です。

開始時期 :2022年4月 1日